「金歯は売れる」と聞いたけれど、どこで売ればいいの?

 

過去に金歯を入れた方は多くいらっしゃると思います。しかし、経年経過や、抜歯等ではずれたり、不要になるケースもあるのではないでしょうか。では捨ててしまう?ちょっと待ってください!その金歯をゴミ箱に捨てたり、歯医者さんで処分してもらったりしていませんか?実はその金歯売れるんです!金歯はもちろんのこと、それ以外の歯科金属も売ることができるケースも。

 

今回は金歯の売却方法や価格をはじめ、金歯や銀歯の成分の違い、金歯以外にも売却できるがあまり知られていない歯科金属の売却方法についてご説明します。

 

金歯とは?銀歯とは?それぞれの成分の違い

そもそも金歯とは、金・銀・銅それにプラチナを添加し、強度を高め作られたいわゆる金合金呼ばれる金属で作られています。金100%で作られたものは柔らかすぎ、常に力のかかる歯としては適していません。

 

対して、銀歯というのは、金銀バラジウム合金(以下:金パラ)という金属で作られており、実は金も混ざっています。ただ、金バラというのは、こちらも合金の一つで金歯の金合金に比べると硬く、強度が上がっています。銀だけを使用すると、腐食してしまうこともあるために、金やその他の金属を混ぜて耐久性を高めているのです。

 

金歯は銀歯はいくらで売れる?

では、金歯・銀歯の気になるお値段はいくらなのでしょうか?それは、お持ちの金属の「純度」と「重量」によって決まります。

 

純度とは、「その金属にどれくらいの買取対象の金属が含まれているか」。純度が高ければ高いほど買取価格は高くなります。先程記載した通り歯に使われる金歯・銀歯は合金です。

 

金歯はやわらかい性質が口内になじみやすいなどメリットに繋がりますが、高額なため金歯に純金が使われることは稀でしょう。一方、金純度が低く、銀や銅などの割り金が多すぎると金属アレルギーを起こす事や、口腔内で劣化してしまったりする原因になります。

 

そのため、金歯の純度は20金(K20)・18金(K18)・14金(K14)がよくつかわれています。また、銀歯も先程記載のとおり【金パラ】が使われることが多く、こちらは金12%・パラジウム20%・銀約50%となっています。

 

純度がわからない時はどうすればいい?

そんな金歯・銀歯ですが、ご家族の方から貰うことや大掃除していたらタンスの引き出しから出てきたなんて話を意外とよく聞きます。そのようにご自身で使われていない金歯などは特に純度が不明の場合が多いもの。純度不明の状態で貴金属買取店などに売却しようと持ち込んだとしても、貴金属買取店のなかには簡易に純度を判別する機械を使用しておおよその金額で買取を行っているお店や、酷い店舗では不当に安い金額を提示するお店も少なくありません。簡易な機械の場合は金の含有率はわかっても他に含まれているレアメタルの含有率はわかりません。ましてや不当に安い金額を提示するお店などもってのほかです。

 

だからこそ、金歯や銀歯などの歯科金属を売却しようと考えるなら、歯科金属スクラップ売買の知識があり、専用の機械を保有している【歯科金属買取専門会社】で売却することをお勧めします。

 

歯科金属買取専門会社のミントエスではいつでも納得&安心の分析査定をこころがけています。ぜひこの機会にご相談お待ちしています。

本日の製品買取相場

GCキャストウェル

最大買取単価83,500

山本貴金属パラゼット12-n

最大買取単価83,000

インゴットバー1gあたり

最大買取単価8,308

買取実績

22.05.24

歯科医様

買取単価258,965

22.05.23

歯科技工士様

買取単価1,239,000

22.05.22

歯科医様

買取単価399,375

22.05.19

歯科技工士様

買取単価778,970